読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背後

背後を意識すると少し怖くなる。

背後から自分を見下げるということはまず自分という体を1つしか操作できない以上不可能なことなんだけど、

もし自分の姿が鏡で見たものと違う姿だったら?顔が同じだったとしても、自分の匂い、雰囲気、オーラなんかが自分では感じたことのないものだったら?そもそも、生きていなかったら?背後から自分を見たら、自分の背後に妖精が張り付いていて、自分の体を操作していたら?もしかして、自分は自分の意思で生きていないんじゃ?

そんなことを考え出すと、怖くて怖くて胸が張り裂けそうになる。